マラソン大会レポート

葛西臨海公園ナイトラン

7月3日(金)

 忙しい!は走らない理由にならない。

 葛西臨海公園ナイトランに参加しました。
 普通の方にとっては、葛西臨海公園は結構な遠出ですが、ボクにとっては、定期券で行ける、途中下車の旅レベルなのです。

002_
葛西臨海公園!

009_
風が激強!

 朝から雨模様だったのですが、夜になると、なんとかやんでくれました。
 5キロのコースを2周、10キロを走りました。

 最近は、趣味:ランニング、と言っている割には、全くと言っていいほど走っておらず、フルマラソンのタイムも、体力も確実に低下しております。
 自分でランニングしようとすると、雨が降ってる、疲れてる、とか言い訳して走りません。

 それではいけない。忙しいから走らないのでなく、とりあえず大会にエントリーして、このままじゃ完走すら危うい、じゃあ、走らなきゃ。という、方向に自分を追い込もうと思います。こうやってブログに書くのもその一環です。

 と、いうわけで、今年は10月に大阪マラソン、11月に金沢マラソン当ってしまいました出走することになりました。

012_
フィニッシュしたら、すでに、表彰式やってました。

 マラソン大会で葛西臨海公園を走ることは何度もあるのですが、20年近くたっても、水族園には入ったことすらないのです。マグロの水槽、いいかげん、見に行こうと思いました。

| | コメント (0)

東京マラソン2014に参加しました(沿道で・・・)(6)

 

2月23日(日)

 38~42.195キロ

 東銀座から、築地を経由して、新富町駅へ行き、有楽町線で38キロ地点の豊洲へ行きました。豊洲の関門からは、毎年のことですが、豊洲~東雲~有明~ビッグサイトと、フィニッシュ地点まで歩きました。

140_6
 またジョセフ!6回目in東雲

144_
 メロン!?

146_41
 41キロ地点の急坂

 ランナーを見ながら、コースに沿って歩き、ビッグサイトのフィニッシュ地点に入りました。昨年のボストンの影響なのか、ビッグサイトに入るのに、荷物検査とかされて、5分近足止めされました。

147_7
 しつこいようですが、7回目のジョセフ!東雲から、走ったので、ジョセフを追い抜いてました。ビッグサイト周辺は、激混みで、なかなか前へ進めず、ビッグサイトに入る前に、また追いつかれ、遭遇してしまいました。
 そのジョセフ、無事、フィニッシュしていきました。おめでとうございます。今回は、やたらジョセフに出くわしました。まあ、3回目ぐらいから、意識して探してましたが・・・。今回は、ジョセフの追っかけ?というぐらい、ジョセフの画像を撮った気がします。来年は一緒に走りたいものです。

150_
 台湾の方が、肩を組んで、タイム板を背景に写真をとってました。ちなみに、本当のフィニッシュは100メートル先です。台湾の方は、タイムオーバーになっても文句言わず笑顔ではとバスを撮ったり、東京に来ること自体を楽しんでくれて嬉しいなあ、ということです。逆に、自分が台湾のマラソンに出たくなりました。
 海外マラソンデビューは、台湾なのか?

160_
 野々村夫妻も、フィニッシュです。しっかり娘さんの写真を持ってアピールしていました。さすがです。

164_
 そして・・・

167_
 7時間!2014年の東京マラソンもこれで終了です。
 ツイッターでは、50近くツイートし、沿道で東京マラソンをスタートから制限時間いっぱい楽しみました。
 ランナーの楽しそうな雰囲気を見ると、自分も走りたい、と思います。
 
 いいかげん、来年は走らせてください。

| | コメント (0)

東京マラソン2014に参加しました(沿道で・・・)(5)

2月23日(日)

35キロ地点

 浅草橋からは、東銀座の35キロ関門に行きました。都営浅草線1本で行けるので、思ったより早く、閉門まで20分ほど早く着きました。

124_
 30キロ地点でも見かけましたが(その時は画像撮れず)、野々村真夫妻が、閉門5分ほど前に通り過ぎました。苦しそうな奥さまに対して、笑顔で応えていました。有名人って大変ですね。

128_
 5回目のジョセフ。ここまでくると、「またかよ~」という感じです。すぐ後ろに、我が家の坪倉さんがいました。

 この35キロ関門さえクリアできれば、よっぽどのアクシデントがない限り、完走できる時間設定なので、事実上の最終関門です。

 とはいえ、ここで脱落する人は、結構多かったですね。

131_35
 中でも、新宿で初めて見た段階で、おそらく全参加者一番の巨大な仮装、絶対完走する気無いだろ~、と思ってましたが、ここで脱落。

 つい、ヤホーでこのゆるキャラを調べてしまいましたよ。

132_
 伊勢崎もんじゃの「もじゃろー」というキャラらしいです。

☆今日のリクエスト☆

 アイドルばかり聴かないで(by Negicco)

 ざんね~ん。

| | コメント (0)

東京マラソン2014に参加しました(沿道で・・・)(4)

2月23日(日)

 30キロ地点

 30キロ地点は、明治座からすぐ近くの浅草橋。というわけで、浅草橋に向かいました。

077_
 歩いていると、「東京マラソン 仮装」で調べると、必ず出てくるイエス様に遭遇したので、思わず撮ってしまいました。あまり大きくないですが、生で見ると、やはりインパクト大(まあ、4、5年連続で見ている気はしますが・・・)ですね。

092_30
 で、浅草橋の30キロ関門に着きました。
 
 この辺りになると、前に見たような人、仮装が結構通り過ぎます。

095_
 この戦隊軍団(ショッカー付き)も、何度か見ている気がします。

100_
 カネゴンも通り過ぎる。よく見ると、「エサを与えてください」とあり、細かい。

106__2
 そして、またジョセフ。4回目!

108_
 後ろ姿も、抜かりがありません。でも、ギリギリセーフです。

 で、ここから先は、制限時間オーバーです。ざんねーん。

113_
 数秒の差で通過できず、TVのインタビューを受けていました。でも、ここまでくると、悲壮感はあまり感じませんでした。

112_
 泥棒コスプレの方が、制限時間を逃げきれず、御用となってました。これには、思わず笑ってしまいました。

| | コメント (0)

勝田マラソンに行ってきました

1月26日(日)

 2014年の走り始めに、勝田マラソンに参加しました。振り返れば、2007年から参加し、今年で4回目。初めてこの大会に出走した2007年は、30キロで気持ちが切れ、途中で歩いてしまい、最後だけちょろっと頑張って4時間59分57秒と、かろうじて5時間切った思い出があります。そんな思い出のあるマラソン。今年は、前日に近くの水戸のホテルで前乗りして勝田に行きました。
 スタートが10:30と遅めなので、自宅から行くことも可能なのですが、ラッシュのような電車に、しかも2時間以上揺られるのは、年齢もあってか耐えられなくなってしまってます。

010_
これは、「すぐおいしい」の、あのキャラクター?チ○ンラーメンの匂いがたまらなかったです。

019_5
ワイナイナさんが台上で手を降ってました・・・この方、ランナーを見送ったあとにスタートし始め、あえなく、5キロ手前で抜かれました

 3時間ほどすると、急に曇り始め、寒くなりだします。序盤は、体温が上がって、体があたたまるころは、春のような暖かさでしたが、30キロ過ぎに体温が下がり、体が冷えるところに寒さが襲うという、4時間以上かかるランナーには厳しいコンディションになりました。

020_
なんやかんやでフィニーッシュ!

 気温の問題よりも、99%練習不足が原因なんですが、35キロ過ぎからは、ほとんど歩いてました。フルマラソンというよりは、30キロ走、5キロ延長戦、7キロのウォーキングと言った感じです。

 タイムも、4時間38分1秒!1秒、1秒って・・・。1秒ぐらい、ちょろっと頑張れよ、と言いたくなります。本当に悔しいです。

 

| | コメント (0)

宇都宮マラソンにいってきました

11月18日(日)

 宇都宮マラソンに参加しました。
 浦安から当日輸送で宇都宮まで行くのはさすがに遠く、新幹線を使ってしまいましたが、実は、これが一番楽しみだった気がします。さすが新幹線。だてに特急券が高くないです。駅弁を食べて眠っていると、あっという間に着いてました。
 「宇都宮駅からバスで30分かかります。次のバスまで待てば、座れます」とスタッフの方に案内されましたが、これはもはや宇都宮ではないんじゃないか、と思ってしまいましたが、本当に30分かかりました。宇都宮は広いなあ・・・。
 清原中央公園、とそのまわりの工業団地が会場になっていて、ほとんどの方は、車で会場に入っていました。駐車場は、かなり混雑してました。
 更衣室も体育館を貸し切っているので、暖かい室内にいられるのは嬉しいし、トイレも並ばず、アップもこなし、人ごみのストレスをほとんど感じることなく、スタートできました。
005_
船頭汁の準備中・・・、フィニッシュ後が楽しみ
002_
今回の参加賞
008_
今回の格好・・・来週はこの格好で走ります!
 仮装の方が非常に少なく、スタート前はかなり恥ずかしかったのですが、走り始めると、沿道の子どもたちや、給水所の中学生に「ドラえも~ん」といわれ、気持ちよくなったのと同時に、これでへろへろになって歩いちゃったらもっと恥ずかしいなあ、という気持ちも起き、今回は、それがいい方に働き、最近、なにかと仕事が忙しいとか、疲れてるとか理由をつけて走っていなかったので、5分半ペースで走れるかどうか、怪しかったのですが、5キロごとのペースが上がっていき、ペース走のような走りができてしまいました。
 前回の湘南では、ひざが痛くなって、気持ちも折れ、5時間弱かかってしまいましたが、1時間51分台でフィニッシュ。
 走りも、衣装も来週の大阪マラソンの予行練習になりました。
 あまりに気持ちのいい走りができたので、
017_
調子に乗って、餃子とビールで一人、乾杯し、
020_
 グリーン車で帰宅の途へ。
 ハーフマラソンに出ただけでなく、半日、栃木を堪能してしまいました。
 来週は、大阪マラソン頑張ります!

| | コメント (0)

湘南国際マラソンにいってきました(1)

11月3日(土)

 始発電車に乗って、大磯へ。大磯に近づくにつれマラソンとわかる人ばかりが乗り込み、ラッシュ電車のような混雑ぶりにビックリ。湘南国際マラソン号(臨時列車)を出しているのもうなずけます。
 大磯駅→バス乗り場に並ぶ→シャトルバスに乗る→渋滞で、会場に着いたのが8時前。スタートまで1時間・・・、ゼッケンやチップは郵送で届いているので当日エントリーの必要がないのですが、用を足したり、荷物を預けたり、一つ一つすませるにも、あまりの人の多さで、普段の何倍も時間がかかり、スタート地点に並んだのがスタート10分前とバタバタしてしまいました。 
 この大会は、2万3千人がエントリー、会場には2万人以上の方がいると思うと、そりゃあそうか、と納得してしまいますが、今度参加するときは、カッキー宅に前日入りしてもっと早く会場入りしようと思います。
005_
スタート地点には健介、北斗夫妻がいました
 西湘バイパスをスタートし、10キロ過ぎの茅ヶ崎にて、深澤さん、ローソンさん発見。まさかこんな朝早くから来てくれると思わなかったので、嬉しい限りです。このときは、まだまだ元気だったのですが、第一折り返しを過ぎ、20キロを超えると、足に違和感を感じました。このままだと、30キロには、足が痛くなって、歩くだろうなあ、と経験からわかっていつつも、ごまかしながら、走り続けます。
 そうこうしているうち、帰りの27キロ手前の茅ヶ崎では、
011_
応援、ありがとうございました。
 めろん@ちばおー、藤予さん、岸さんが加わり、さらに多くの方が見に来てくれました。
 一人ですが、一人じゃない。わざわざ見に来てくれる、というのは、本当にうれしいものです。アドレナリンもでていたのか、ここから2キロは、全く痛みを感じませんし、タイムも上がってました。
 ・・・ここまでは良かったのですが、左ひざが本格的に痛みだし、走ることができず、大失速。平塚から西湘バイパスはマラソンというより、遠足といった感じになってしまいました。挙句の果てに、レース中にツイッター(プロ野球選手だったら、厳重注意モノですね)する始末。
 
 そんなことをしているうちに、風船をつけた人が自分を追い抜こうとしてきました。後ろ姿を見たら、5時間のペースメーカー。この人だけには負けるわけにはいかない、5時間は切りたい。最後の5キロは、足が痛いのをこらえ、ペースメーカーにしがみついていました。
 最後までついていき、最後の坂でかわし、なんとか、4時間58分台でフィニッシュ。
012_
4時間58分でフィニッシュ!
 なぜひざが痛くなったのか、もっと走れたのではないかなどなど、納得がいかず、後悔や反省ばかりが残る走りになってしまいました。
 気を取り直して、次は、25日の大阪マラソンです。ボクの今年のランニングの集大成のつもりで頑張りたいと思います。

| | コメント (1)

葛西臨海公園でマラソン大会2本立て

7月6日(金)

 葛西臨海公園ナイトマラソン・サマーステージに出走しました。会社を切り上げ、葛西臨海公園へ。天気は雨。

001__2
マラソン大会開催!

 最初は、やみかけていたのですが、2周目に入ると、急に雨が強くなり、シャワーのようになりました。この日は、夕方から雨が降り始め、夜にかけて、一層強くなる、といってましたが、まったくドンピシャです。天気予報は、よく当たりますね。

 5キロのコースを2周して、10キロ。

 巨大なテントが更衣室になっていましたが、公園なので、雨よけになる場所はほとんどなく、普段、更衣室なんて使わない人たちも、更衣室に殺到するので、テントの中は、体育会系の部室状態になってました。走った後に入った更衣室は、人の多さと走った後の湿気でメガネがくもってしまいました。2000人近くがエントリーしたそうです。ボクが数年前に初めてこの大会に参加したときは、もっと参加者も少なく、のんびりした雰囲気だった気がしますが、平日の夜、仕事終わりに走れるというのは、なかなかないので、そういうところが魅力なのでしょう。自分もその一人ですが。

 ビショビショもいいところです。Tシャツも、水を吸って、3倍くらいの重さになってました。

 家につくまで、風呂入りてー!シャワー浴びてー!とずっと心のなかで言っていた気がします。

7月8日(日)

 葛西臨海公園7時間走に出走しました。毎年参加している大会の一つで、秋以降に向けて、ここで走っておこう・・・、というよりは、おいしく食べて飲むために参加しているといった感じですが・・・。

 昨日の夜から雨が降り続き、この日は雨の予報だった気がするのですが、一転晴空に。後半は、暑さとの戦いになりました。うそつき当たらない天気予報です。
008_2
毎年、この場面を撮っている気がしますが、この場所がスタート&ゴールです

 葛西臨海公園内の4キロのコースを7時間にわたって周回して行きます。最低でも、フルマラソンの距離以上は走ろう(歩こう)、と毎年この大会はそう意気込んでますが、例によって、20キロで足が止まり、歩きはじめ、30キロ付近で足が痛くなります。困ったことに、歩くと、全く痛くないのです。体が走ることを拒否してます。30キロの壁というより、サボりたい病で、自分のそういう所が嫌になります。そんなこんなで42キロを超えると、「最低限の目標は突破」となって、完全にヤル気がなくなります。周回ごとに、エイドで飲み物を飲んだり、Tシャツを着替えたり、6時間で11周したら、座り込んで、何もできず。ただただ終了時間を待っていました。

 そのあいだに、コーラ、グレープフルーツ、スイカ、バナナ、バームクーヘン、とうもろこし、うどん、パイナップル、塩、アクエリアス、水・・・。走る、というより、食べる、飲む、ついでに走る、といった感じです。だからこそ、毎年参加しているのかもしれません。

015_180
180°反対側は、こんな感じ

016__2
7時間後は、ビール

017__2
数分で、ごらんの有り様

 ものの数分で、用意されていた食事がなくなっていました。ビールやチューハイもあっという間になくなっていました。ランニングする人の食欲は半端ないです。

 さすがに、家に戻ると、疲れ+筋肉痛で体がダルダルになってました・・・。筋肉痛は3日間続いてました。

☆今日のリクエスト☆

 ツマサキ(byチャットモンチー)

 チャットモンチーで好きな曲の一つです。

| | コメント (0)

東京ゲートブリッジでランニング

2月4日(土)

 朝、京葉線の新木場駅を通るたび、東京湾の方に、巨大なドラゴンのような橋が見えますが、その橋が東京ゲートブリッジで、2月12日、無事開通しました。

 その8日前の4日、開通直前の東京ゲートブリッジで、ランニングに参加しました。そういえば、今年は、東名高速とか、横田基地とか、面白いところばかり参加してます。

27_
東京ゲートブリッジ!

 要項に「風速10キロ以上で中止」ってあったので、海沿いなら結構あるよね?大丈夫だろうか?という不安もありましたが、朝からすがすがしい空気、青空。

 とにかく、天気が最高でした。寒すぎず、海沿い特有の強い風もまったくといっていいほどなく、走るのも最高のコンディションでした。

10_
こんな橋を渡ります

01_
スタート地点

07_
スタートは、ユリートが出迎えてました

14_
レースというより、撮影会

 レースと言うよりは、撮影会、といった感じでした。前半(往路)の4キロは、歩いてはカメラで撮影、の繰り返しでした。

 コースは橋の往復で計8キロと、中途半端な距離でしたが、久しぶりに、ゴールが来なければいいのに、と名残惜しい気持ちになりました。ランナーズハイもあり、

 開通すると、歩道で普通に歩行できるようですが、昨年の第2東名に続いて、開通前の道路を走るという、いい経験ができました。

30_
短かかった・・・。

今日のリクエスト

| | コメント (0)

大阪マラソン完走しました!(表)

10月30日(日)

 半年前、大阪マラソンに申込み、まさかの当選。

 東京・大阪と第1回目の大会を走れたのがうれしいです。ちなみに来年の東京マラソンは、4年連続ではずれてしまいました。

02_
大阪マラソンエクスポ

 大阪は今年2回目。そういえば、大阪は、バックギャモンの大阪オープンのおかげで、毎年のように行っていて、地理感覚も結構詳しくなってきました。それだけに、マラソンで走れるのは、うれしいものです。インテックスにて受付を済まし、長い寄り道の末、ホテルに泊まり、短い睡眠をとり、たいてい、緊張や興奮でなかなか眠れないものですが、あまりに激動の寄り道で、なんとしても寝なきゃ、という気持ちで短い時間ながらも、結構深く眠れた気がします。

 起きると、ゼッケンをつけた人が次から次へとホテルを後にしていました。こんなにランナーが泊まっていたのか、とびっくりしました。大阪城公園に向かう電車は、ランナーで満員です。

 大阪城公園は、人、人、人・・・。約3万人もの人が一斉にスタートするのですから、当然といえばそうなのですが、大阪城公園で荷物をトラックに預け、スタートの府庁前までは、3~4キロは歩いた気がします。いい準備運動ととらえ、40分近く、自分のスタート地点で待ちました。

12_
スタート前・・・ヘリの音がうるさかったです

13_
スタート直後・・・

 何かと話題の橋下知事と平松市長が手を振ってました。立ち止まって写真撮る人が多いと思ってましたが、そうでもなかったようで、想像以上に早く、4分ほどでスタートできました。

14__2
御堂筋を走り

 キロ6分ペースを維持し、順調に走り抜けてます。

17_
なんばの街を駆けぬけ・・・

 30キロ手前から、急に足が痛くなります。いわゆる「30キロの壁」というやつがやってきます。調子がいいと、それが35キロ過ぎにきて、あと7キロなら・・・と我慢できたりしますが、これから10キロ以上あると思うと・・・、と思うと、気持ちが負けて、歩き出してしまいました。一気にペースダウン。

18_
最大の難所の南港大橋直前

 ちょうど「あと5キロ」の表示の直後に、最もキツイ上り坂の南港大橋に入ります。コースを作った人は、絶対「狙ってる」としか思えません。夢洲にはいり、あとは、フィニッシュ地点のインテックス大阪にぐるっと回ります。

19_
フィニッシュ!

 4時間27分でフィニッシュ。走りとしては、満足いきませんでしたが、やはり、大阪の街を走れたのは、楽しかったです。

 まだ1回目で、東京マラソンがそのまま大阪にやってきた、という感じでしたが、今後続けていけば、大阪独自の味が加わって、大阪ならではの祭り、になっていくのでは、という気がします。

 しかし、街の真ん中を走るのは楽しいです。

 フィニッシュ後は、インテックス大阪を出るのに、時間がかかりましたが、なんばで大阪支部の皆さまにごちそうになってもらいました。

 大阪の皆さまのおかげで、充実した2日間でした。

 次走は(こう書くと、競走馬みたいですが)、11月20日、ちょっと(かなり)面白い場所を走ります。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧