日記

成田半日小旅行記

2月3日(土)

2018年のバックギャモン・ちば例会のテーマは、「ちば発見」。今までは、各都道府県のおみやげを実際にでかけたり、アンテナショップを駆使して、46都道府県のおみやげを購入することはできました。

 が、佐賀県のみ、遠すぎて実際に出かけられないのと、都心にアンテナショップがない!という理由で実現できませんでしたが、佐賀県の、横並びで各道府県がアンテナショップを出していく中、あえて作らない姿勢は、キライではないです。

 そこで、今年は、千葉県の各場所のおみやげを例会の賞品にしよう、と気まぐれで決め、今回は、成田市みやげを購入すべく、成田市へ行ってきました。

 芝山鉄道に乗り、成田空港へ行き、新勝寺へいき、豆まきを見て・・・、「うなぎ」は食べられませんでしたが、いい成田旅行になりました。結構近場でも、休みを利用して出かけるのは、なかなかイイものです。

001__2
日本一短い鉄道

012_

008_
東成田駅。昔は、ココが成田空港駅でした、を思い起こさせる表示

014_
外は、こんな感じ

028_
うなりくん。昨年のゆるきゃらグランプリ!でも、バックギャモン界隈は微妙な反応でした


030_
たまたま2月3日で、豆まきやっていた

036_

043_224
成田みやげ、そんな次回のちば例会は、2月24日!

| | コメント (0)

41歳寿命説と佐野ラーメン最強説

7月29日(土)

 中学の時(1990年)、まさに、バブル絶頂期のころ、こんな名前の本が世に出て、結構、クラスの中でも、話題になってました。当時は、101回目のプロポーズよろしく、40歳寿命説だと、ゴロが悪いから41歳にしたんじゃねーの?ぐらいに笑っていました。
 この本の説の通りだと、ボクは今日寿命を迎えるわけですが、幸いにも、元気に生きております。レベル41。遠い先のように思ってたものですが、いつのまにか、そんな歳になってしまいました。41歳寿命だからといって、変わることはありませんが、当ブログを変わらずよろしくお願いします。
 そんな感じで、レベル41になってしまいました。
 そんなレベルアップの日。やったことといえば・・・。
 佐野ラーメン最強説を検証しに行きました。 
 一部バックギャモン界で流布されている「佐野ラーメン最強説」。これを実証すべく、この日あった足利例会を利用して、例会前に、佐野に行ってきました。

012_
さのまるが出迎える

010_
佐野駅には、さのまるの自動販売機が!

 まずは、日向屋へ。車でないと来れないような場所ですが、ボクは佐野駅からちょっとしたジョギング気分で歩いて行きましたw。
 昼前の11時半に着いたのですが、けっこう有名店らしく、既に行列ができていて、30分近く待たされました。

 41歳の誕生日。最初に食べたのは、佐野ラーメンでした。
 麺が歯ごたえアリ、スープも味が一見スッキリしていると思いきや、しっかり主張していて、関西風のうどんのだしが一見薄い色で薄い味と思いきや、実はしっかりしている、そんなイメージです。
 初めての佐野ラーメンでしたが、最強か?となると、最強説をあげたバックギャモンの人は、全く期待してなかったから、その反動で最強と言ったのでは説を返したいと思います。
 とはいえ、期待値マックスで食べても、十分美味しかったです。一見、普通のラーメンに見えますが、ありそうでなさそうな感じが、かえってよかったです。
 日向屋で、お腹いっぱいになったのですが、佐野駅に向かう中、もう一杯、食べたいなあ、と思い立ち、もう一件、立ち寄りました。駅の近くのラーメン屋を叶屋でも、佐野ラーメン食べました。
 最強という人がいても、全然納得できました。最強か?となると、ボク自身は「うーん」となりますが、2件行けちゃうんだから、佐野ラーメン、やっぱり最強なのかもしれません。
 特に、昨今は、家系とか、二郎系とか、こってり全盛のラーメン事情に、ボク自身正直、辟易していたので、そういうラーメンのアンチテーゼとしても、佐野ラーメンはよかったです。
 うどん県があるぐらいなら、佐野市はラーメン市を名乗ってもイイと思います。ボクが佐野市長に立候補したら、コレを公約にします。
 そんなこんなで気に入ってしまったので、12月10日、その勢いで、さのマラソンにエントリーしてしまいました・・・。12月は佐野ラーメン食べに行く・・・、いや、走りに行くぞ!
 佐野ラーメンの後に、本題。足利例会にやってきました。

016_
足利市へ。なんだ、このキャラは?

018_
バックギャモンの足利例会へ!


 ここの例会は、バックギャモン以外のボードゲームもあり、子どもの割合も多く、アット・ホームな雰囲気がいいですね。微妙な成績でしたが・・・。

 足利よりさらに北。福島でもバックギャモンの例会があるそうなので、こちらもいつかは行きたいものです。

| | コメント (0)

大阪市内のわけありローカル線

7月19日(水)

 大阪マラソンを何度も参戦するたびに、17キロのなんば交差点を越えて京セラドームに向かう地点に小さな駅があるのが気になっていました。

 いろいろ調べると、なかなかワケありの電車のようで、俄然興味がわき、大阪に行った時は、乗ろうと、決めていました。

 南海汐見線。

 南海線に乗り、岸里玉出駅で乗り換えて向かうのですが、その連絡通路。人の気配が全くなくて、あまりの荒涼感に、地球から人がいなくなったら、こんな感じになるのだろうか、とすら思えました(大げさ)。
 複線なのに、電車同士がすれ違うことがなく、大阪市の真ん中なのに踏切があり、無人駅があり、その駅はぼうぼうに草が伸びていてほったらかし感全開。ワンマン運転、電車は2両編成。東急製の電車(昭和45年製!)。30分間隔の時刻表。

005_
人気がなく、ひっそりとさみしい通路

017_
大阪市とは思えない時刻表

011_45
昭和45年!しかも車両が東急製

013_
区間は、これ1台で運行

018_
汐見橋駅・・・この前が大阪マラソンのコースになってます


 この路線のことを調べ、この路線に乗り、車窓を眺めたりしているうちに、大阪の闇の部分を見た気がして、フクザツな気分になってしまいました。

 この直後に、水曜日のカンパネラのライブ見に行ったんですが、気持ちがいまいち切り替えられないままで迎えてしまったのはちょっと反省・・・、でした。

 昔、「恋の罪」の上映直後に、水曜日のカンパネラがライブをやる、という企画イベントがあったのですが、まさに、そんな感じでした。

| | コメント (0)

だから、私は向かう

6月23日(金)

 2つ前のエントリーで、ナチュラル ハイのことを書いた矢先に、元ナチュラルハイのボーカル白木裕子さんに会ってきました。ナチュラルハイの解散後、白木さんが、FM福井POWER STATION HOT 40という番組でパーソナリティをやっている、しかも、その番組が公開生放送でやっている、というのを知ってから、いつかお会いしたいと、常々思っていました。

 が、なかなか福井に行くことはできず、しかも、金曜日の夕方となると、なかなか機会が限られます。そんな折、水カンのツアーの会場に福井がある。しかも土曜日、前乗りすれば、金曜日に福井に行ける。ということで、とはいえ、最近は水曜のカンパネラのチケットが取りにくく、当たったら、考えよう、と思っていましたが、見事当選。
 これは、福井に行くしかないでしょう・・・、というわけで、福井に行ってきました。

 水カンライブの前日に福井入りし、公開放送やっている、Lpa福井に入りました。
 Lpa福井は場所がやたら広く、公開放送やっている場所がなかなか見つからない中、見つけました。放送直前に入ったはずなのに、放送から30分たっていました。 
 かなりアウェイ感の中、CM中に松川さん(男性のDJ)に声をかけられ、キョロキョロと不審者みたいになっていたのが、一気に解消されました。
 ナチュラルハイきっかけで、この放送知って福井来ました、と伝えると、千葉からきた熱狂的な(水曜日のカンパネラの)ファンという体で、迎えてくれました。放送中にも、千葉からカンパネラのファンが見に来てくれた、という感じで触れてくれました。
 放送後に放送後記的にポッドキャストで残してくれるのですが、それしか聴いたことのない身として、福井でしか聴けない本放送のPOWER STATION HOT40は、合間に大喜利的なネタのコーナーがあり、職人のレベルが高い。ぜひとも、ラヂコで全国展開して欲しいなあ、と思わずにはいられません。FM福井さん。ぜひ、radikoなりで、全国で聴けるようにしてほしいなあ。ポッドキャストだけしか聴けないのは悲しい、ポッドキャストでも聴けるのがありがたいともいえますが・・・。

079_

名盤「key」

080_

 放送後、名盤、「key」に白木さんのサインもいただきました。

066_

 そして、2ショットで写真も撮ってもらいました。
 夢は、ナチュラルハイの復活ライブ!
 水カンファンということもあり、東京カンパネラを渡しました。東京カンパネラって、こんな使い道があるのか。と最近実感しています。

 白木さんに、夕暮れの東尋坊は行ったほうがいい、と勧められました。実は放送の前(昼間)に行ったのですが、正直、あまり琴線に触れず(むしろ、雄島の方がボク的には好きだったのですが)、今度は東尋坊に夕日見に行こうと思いました。

 福井は、一生行かないなあ、と思ってましたが、水曜日のカンパネラのライブはよかったし、何かあったら、また行くことになると思います。

 その時は、また、よろしくお願いします。

★今日のリクエスト★

だから、私は歌う(by ナチュラル ハイ)

 ナチュラル ハイは、活動休止から10年近くたつけど、こんないい曲が世に埋もれるのは、悲しすぎる!

| | コメント (0)

「ナチュラルハイ」で検索しないでください

 一目惚れはよくありますが、一耳惚れも結構多いかネるんです。
 かれこれもう10年近く前のことなんですが、深夜のTVでふと、いわゆる一耳惚れした曲があって、そのときは、それで、終わってしまいました。

 あれから時がたち、2013年ごろでしょうか。水曜日のカンパネラを知る直前ぐらいの頃です。ふとしたはずみで昔、アニメのエンディングテーマで、いい歌があったなあ、と思い出しました。

 以前にもおなじ感覚はあったのですが、手がかりすら思い浮かばず、断念していました。なぜかこの時は、そういえば、「ナチュラルハイ」って画面にあったよなあ、と思い浮かび、早速検索したところ、いろいろつながり、その探していた曲がみつかりました。

 インターネット検索の凄さを改めて実感しました。
 その時ボクが見ていたのは、どうやらバーテンダーというアニメのエンディングテーマで、歌っていたのが、ナチュラルハイという人たち。「ナチュラルハイ」は2人組の女性ユニットで、それ以外にも、結構いい曲があって・・・・とか、いろいろわかりました。点と点がつながって線になるってこんな感じなんだろうなあ、そんな気分を味わいました。
 それをきっかけに、ナチュラルハイが気になりだし、サイトで音楽聴いたり、アルバムを購入したりして夢中になっていました。これが高じて、ぜひ生で見てみたいなあ、と思っていたところ・・・、
 もう、活動休止しているではないか・・・。
 しかも、結構前(2008年)に。
 これは、かなり悲しかった。
 自分が好きになった曲、そのアーチストの曲が生で聴けないというのは、ショックでした。好きなアーチストが解散する、というのは(悲しいことですが)結構ありますが、その事実を知らないで、既に解散したアーチストにハマってしまう、のは初めての経験でした。

 その経験が、とにかく、気になったら、すぐ知り、できるときに、生で見ないといけない。そう思うようになりました。

 ボクのライブ好きの、ある意味原点の出来事かもしれません。
 10年以上前の曲ですが、2作目のアルバム「Key」は間違いなく名盤です。もっと広まってほしかった。10年前に知っていたら、あの深夜の、TV見た時点で検索していたら、と思うと、絶対現場で見に行っただろうし、生で見れば絶対感動して、もっともっとファンになっていたと確信できます。
 ・・・この経験が、ボクの音楽の聴く音楽の指向がライブ派に移っていくきっかけの一つになった気がします。

 ふと、思い立ったので、ブログに書き出してみました。

 最後に、「ナチュラルハイ」は、絶対に単独で検索しないでください。「ナチュラル(スペースで1文字空ける)ハイ」(コレが正式なグループ名とのこと)とか、「ナチュラルハイ 音楽」、「ナチュラルハイ ピアノ」とか、複数のワードを入れて検索してください。検索して、不快になってもボクは責任とれません。

★今日のリクエスト★

 あの時一耳惚れしていたのは、まさにコレでした。

| | コメント (0)

最上赤坂店閉店直前のお食事会

6月27日(月)

 バックギャモンでお世話になっている串かつの最上。バックギャモン赤坂例会の会場そばの赤坂店が6月で閉店するというので、重鎮の方々にお誘いいただき、仕事終わりに、赤坂見附へ。

 この時期に閉店とは、やはり不況の影響か時代の流れか、長年営業しているとはいえ、一等地の赤坂でやっていくのは大変なのかなあ、とか、行くときは、どう話を切り出したらいいのか、重い空気になるのでは、そもそも、そんな空気で食べる串かつは美味しいのか、とかなり不安な気分でした。

 お店に入ると、平日(しかも月曜)にもかかわらず、お客さんで一杯で、むしろ盛況な雰囲気。

 よく聞くと、閉店の理由が、ビルの建て替えと聞いて、なんかほっとしました。事業縮小どころか10月には神戸店をオープンさせるらしいです。まあ、沼沢さん提供のワインと串かつフルコースの前に、盛り上がらない訳はないんですけど・・・。

160627_
店の前で記念撮影!(しもへいさんのFBより拝借)

 最上といえば、バックギャモン的には、沼沢和子社長自身もバックギャモン好きで、お食事券などのスポンサーでいつもお世話になっております。ボクもモナコ~スイス(もう3年たつのか・・・・)では大変にお世話になりました。ちば例会的には、よいしょ三冠さんの「初めて最上に行ってきた」話が面白いので、ぜひ、本人に聞いてください。

| | コメント (0)

クリトリック・リス ワンマンライブ in渋谷WWW

12月15日(火)

 名前だけで、敬遠するひとがいたら、それこそ、本人の思うツボです。
 今年は、クリトリック・リスによく会いました。

 1月は岡山PEPPERLANDで、もともとは、水曜日のカンパネラのツアーで岡山に遠征したのに・・・

071_
岡山遠征組で1枚。

 対バンにクリトリック・リスが出演して、いいライブで興奮したのですが、
 ライブ後に酒相撲に参加した際、コップのお酒を取ろうそした時に溝に落ち、スギムに
「今日、いちばんウケタわ」
と、なぐさめられ、

066_
暗くて見えづらいですが、そのせいで、この間に落ちました

 9月の「りんご音楽祭」では、会場までのシャトルバスのバスガイドスギムの客がたった2人。のうちの1人で、微妙な空気が流れた会場までの道のり。

Img_7719
バスガイドにやってきたスギム

 11月の高円寺では、ワンマンの手売りチケット発売初日に購入しました。

020_
ありえない整理番号の手売りチケットに、スギム画伯に描いてもらいました。

 

016_
スギム画伯

 そして、12月15日、そのクリトリック・リスがワンマン。場所はまさかのWWW。当初は「そもそも埋まるのか」「無謀では」と、言われていましたが、いざ当日券も「SOLD OUT」。

 わかってる人はわかってる。というぐらいの人になってしまってますね。

 ライブ開演時間になっても始まらない、堰を切ったように、「はよ、はじめんかい」と、大阪弁のヤジが飛び始めたら、渋谷から西成区に変わった気になりました。
 
 ライブに来た方の水曜日のカンパネラファン率高すぎです。
 今のカンパネラのライブより顔見知りが多かったです。

 クリトリック・リスより曲、音楽だけならイイものはありますが、熱さ、人となり、客あしらい、お酒、歌の中の人間味、笑い、涙・・・。ボクは、ライブで「最高」という言葉は、スギムにしか使いません。むしろ、「最高」ってスギムのためにある言葉すら思います。

| | コメント (0)

かネるんは れべる 39 に あがった

7月29日(水)

 7月29日をもって、かネるんは、レベル39にあがることができました。

 他人の誕生日等のめでたい日には、自分から「おめでとう」とかメッセージはしないのですが、にもかかわらず、Twitter、Facebook等で多くの方から、「おめでとう」のメッセージをいただきました。ありがとうございました。

 SNSの素晴らしさを実感しました。

 S.N.Sといえば・・・

 7月29日、藤岡みなみ&ザ・モローンズがこのたび2ndアルバムが発売されました。タイトルはまさに「S.N.S」。

 メンバーがこの日にストアあいさつ回りをする、というので、さすがに最初からは行けませんでしたが、最後の方は、渋谷タワレコ→HMV→VV下北沢と、最後の方だけですが、参加しました。

005_
S.N.Sのポスターサイン入り inヴィレッジヴァンガード下北沢

 自分が誕生日ということを伝えると、メンバー、同行したファンのかたに祝ってもらえました。

012_
書いてもらっちゃいました

 もともとは、藤岡みなみ&ザ・モローンズのライブに行くことで、対バンを通じていいアーチスト、バンドがたくさんいることを知りました。みなモロがいなかったら、水曜日のカンパネラもアサミサエもCittYもさユりも知ることができなかったわけで、今の自分の形成に多大な影響を受けたと言っても過言ではありません。

 と、いうわけで、今日は、みなみちゃん、モローンズの皆さん、いつもにましてありがとうございました。メンバー全員がいつも神対応で、藤岡みなみ&ザ・モローンズには、感謝しかありません。

 そんなこんなで、家に帰ると、まさかの誕生日ケーキ。おぼえててくれて、嬉しいけど、プレートの名前は「けんさく くん」。39歳にして、4歳児のような扱い・・・。

013_

 母がボクのために買ってきた、というより、自分が食べたかったらしく、さすがに本人が帰ってくるまで食べなかったのはいいとしても、帰ってくるなり、冷蔵庫からケーキ出してテキトーにろうそくをたて、火をつけ、テキトーに歌って、ボクが息を吹いて消すとすぐに、ケーキを切りだし、ボクより先に、ケーキをパクついてました。

015_
残り物・・・

「ケンサク、残ったから、これ食べて。甘い。飽きた」

 と、残り物を差し出す母。なんという自由人ぶり。主役のはずなのに、残り物から食べさせられるという、雑すぎる扱い。

 39回この日を迎えてますが、間違いなく、5本の指に入る誕生日でした。

| | コメント (0)

2012年も、どうもありがとうございました

12月29日(土)
 東京大賞典@大井競馬場に行ってきました。
 「年末の競馬はダブルエリミネート!」
 有馬記念の反省もどこへやら、という感じで、大井競馬場へ出向きました。
002_
イルミネーションとともに
 とりあえず、3連複的中!しました。当たってよかった・・・配当は390円って、買い損ですが・・・。
 全レース後、フリオーソとボンネビルレコードの引退セレモニーがありました。
018_
結構、頑固者のボンちゃん
036_
フリオーソ
 ボンちゃんは、大井競馬場で誘導馬、フリオーソは種牡馬入りになるそうです。
12月30日(日)
 大井競馬の反省もどこへやら、KEIRINグランプリ2012@京王閣へ行きました。大井に騎乗馬いないのに、武豊が今年も中継のゲストって、仕事キャンセルしても許されるポジションだと思うのですが、どれだけ競輪好きやねん・・・。
004_
いざ、京王閣へ
 自分のような、ニワカ、一夜漬けの知識を絞って、京王多摩川までの電車内で出した結論は、目立たないけど、実は実績もあってグランプリ制覇の番が回っても不思議でないとにらんだ成田の頭で総流し車券を購入しました。
 雨の中、最後の直線は激熱でしたが、車輪分届かず・・・。
 相変わらず、ダメダメのグランプリでした。
 
 競輪場の隣に「質屋」があるなんて、川崎競馬場の目と鼻の先にハローワークがあるのを思い出してしまいます。笑えるけど笑えなません。
006_
競輪時鵜の隣に質屋って・・・ 
 2012年も、はや、終わりを迎えようとしています。ブログの更新頻度は、歳を追うごとに少なくなり、最近はfacebookに近況を書くという方が多いです。

 本当に1年は早い。昨日金杯があった(毎年同じこと言ってますが)気がします。

 2013年、このブログ自体は、更新頻度はどうなっても、存続していきますので、更新されていたらラッキー、というぐらいの気持ちでお付き合いください。

| | コメント (0)

湘南国際マラソンにいってきました(2)

11月3日(土)

 マラソンを、なんとか5時間を切ってフィニッシュ。
013_
ゼッケンと完走メダル
 完走の余韻に浸ることもなく、すぐに着替え、10キロと、26キロ地点見に来てくれたお礼もあり、足を引きずりながら、パーティー(2次会)のため、茅ヶ崎のカッキー邸に急ぎました。
 カッキー邸のベランダからはコースが見え、数時間前は、ここを走ったのかと思うと、感慨深いものがあります。
 着いたら、一気に緊張感が解け、正直、かなり、ボーっとしてました。
 
024_
餃子パーティー
025_
楽しそう
 しかし、みんな、楽しそうですね。そんな中、自分は、餃子づくりに参加できず・・・。疲労+体中の痛みで、立つことすらできませんでした。
026_
完成品・・・なかなかのデキです
 鍋とか焼き肉じゃなくて、餃子?と思いましたが、ボクは大いに誤解してました。おいしく、面白かったです。手作り、というのはいいですね。1個も作ってないけど・・・。
 おいしいものを食べ、面白い話をして、いい一日でした。企画しためろんさん、カッキー、沿道に来ていただいた皆さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
 茅ヶ崎から千葉(浦安)まで、終電での帰り道は、さすがにヘロヘロでした。体力が完全に回復するのに1週間かかったかもしれません。
 しかし、カッキー邸は会場から2駅と想像以上に激近で、来年の湘南マラソンは前日入りすることを本人の承諾なしで、勝手に決めさせていただきます。

| | コメント (0)