陸上

いやあ、何だ、こりゃあ

 ウサイン・ボルトの200mをTVで見ました。

 なんじゃ~、こりゃ!

 この言葉しか出てきません。ドーピングで陽性反応が出るんじゃないの?と心配してしまいます。

 去年の大阪では世界記録ゼロなのに、北京では陸上競技だけで3つも世界記録が出ているのは、女子棒高跳びはある程度想定できても、まさか、100、200で更新するとは夢にも思いませんでした。

 昨年、大阪に行った者としては、覚醒するのが1年早かったらなあ~、と思ってしまいます。

 昨年、大阪でボルトを見ましたが、200mでは確かタイソン・ゲイの2着で、2位以下の選手は、当分はゲイにはかなわないだろうな。で、ボルトには全くといっていいほど、印象がなかったのですが、1年の間に、そのボルトがここまでのことをしでかすとは、全く想像できませんでした。

 一方、タイソン・ゲイは、100mでは、準決勝で敗退し、200mにいたっては全米選手権で代表落ち。五輪すら出られなかったわけで、これも信じられません。

 そして、昨日は、ボクにとっては、信じられないものを見ました。

 男子400mで、ウォリナーが2着に敗れました。内容も、勝ったメリットに力負け。直線で負けを悟ってからの失速は、あわや、メダルすら取りこぼしかねないものでした。

 昨年の大阪での楽勝ぶり、まだ24歳という年齢、うんぬんを考えたら、400mは、彼が今後10年は天下が続くものだと思ってました。 

 国内では、メリットに負けていることは知ってましたが、世界選手権やオリンピックといった要所では、キッチリ勝つものだと思っていました。ウォリナーは、アテネの時から好きな選手で、今回も当たり前のように、400mとリレーで金メダルを2個持って帰るものだと思っていただけに、信じられません。さすがにマイルリレーは鉄板中の鉄板でしょうが・・・。

 「絶対」と思っていたものが、こうも簡単に敗れる。それも、スポーツの面白さではあるのですが、ウォリナーの負けっぷりは、今後は浮上できないのではないか、と不安になってしまいます。

 陸上界は、2007年から2008年の間に、なにやら劇的な変化があったような気がします。特に、リレーでは男女ともバトンを落として失格になるなど、アメリカの短距離のふがいなさぶりは、世界情勢が「アメリカ一極集中」から「アメリカ没落」→「混沌」の世界情勢を象徴するようですね。 

| | コメント (0)

陸上の日本選手権にいきました

6月28日(土)  日本選手権 3日目

 陸上の日本選手権を生観戦に行きました。あまりの普通の土曜日の日常の風景で、武蔵小杉駅につくまでは、本当に川崎で大会があるの?と、長居とか横浜じゃないよなあ、とチケットを確認するほど、心配になるぐらいでしたが、駅を降りると、さすがに普段の街並みとはどこか違う熱気を感じました。

 北京五輪の選考会をかねている、という事情もあるのか、想像した以上に人が集まっていました。それでも、5~6割の入りなのは、仕方ないですね・・・。

 昨年、大阪で陸上を生観戦するようになってから、大きな陸上の大会が関東圏であるときは、確実に行くようになりました。よしんば全日行きたかったですが、さすがに会社は許してくれませんでした・・・。アングルとか、選手の表情がアップでわかるので、スタンドで生観戦より、TVで見る方がいいのですが、スタンドの空気を味わうと、生観戦は楽しいです。レープロ片手に記録をメモしたり、TVでは映らないキレイな選手を見つけたりしたりで、生観戦はたまらなく好きです。

 生観戦者でも、大型ヴィジョンを工夫して、TVのテロップ並みに今、跳んでいる選手が誰か、とか順位状況がわかるようになると、もっとお客さんも増えると思います。これだと陸上競技は、放映権料が大事で、放映権料に比べて大した収入にならない現地に来ているお客さんをないがしろにしている印象が大きいという印象は、相変わらずぬぐえません。

 ちょっと、何言ってるかわからないですね。

 まあ、一番いい席が2000円(世界陸上と比べて1/10って・・・)なのは、嬉しいですが・・・。

 しかし、アスリートの引き締まった肉体を生で見ると、自分のぶよぶよな身体と比べて、このままでいいのか、と自問自答してしまいます。つい、帰った後の夜に10キロ走ってしまいました。最近、ランニングすることが減っているので、走るモチベーションを上げる目的もありましたが・・・。その点は、まんまと成功したかもしれません。

 6月29日 (日) 日本選手権 4日目(最終日)

 翌日、最終日も、等々力に行きました。

 大雨です・・・。

03

雨がスゴイ・・・ 選手の移動も大変です

 降ったり止んだりの不安定な天候で、選手は大変です。観戦するほうも、ゴール前のいい場所は、屋根がなく、カッパは持参したので、体は大丈夫でしたが、レープロが雨で大変なことになってました。

 混戦で面白い種目は、勝っても五輪にも出られず。五輪に出るような人は、国内で相手がいない状態で、独走。それでも、世界大会で入賞には程遠い。海外で武者修行すればいいとは思うが、スポンサーがいないと、とても成り立ちません。国内ですら競技に専念できない環境です。マラソンのように、高いレベルで代表を争えるようにならないと、世界は遠いのですが、今の陸上で、そんな環境になるのは、不可能でしょう。日本の陸上ファンは、この先、そんなジレンマを抱えたまま、過ごさないとならないのでしょうね・・・。

 4日目最後には、女子5000メートルがありました。

 小林祐梨子選手が涙の優勝で、B標準もクリアで五輪代表を決めました。1500は不参加だったので、どうしたのかと思ったのですが、こっち1本に絞ったようです。1500だと日本記録出しても五輪参加の標準記録には届かないのでその判断は正解でしたね。、

0250001

女子5000メートル  給水があんな外にあったら、誰もとらないだろ、と思うのですが・・・。

02

優勝争いは5人に絞られる

 自分がジョギングしているからというのもあるでしょうし、顔の知っている選手も多いというのもあるでしょうし、勝った人が五輪代表(スプリント競技は勝っても五輪に出られなるとは限らない)というわかりやすい状況なので、駆け引きが非常に面白かったですね。

 帰りの道のりは、ズブ濡れで、「風呂に入りてー」という気持ちだけしかありませんでした。

 雨にぬれましたが、陸上の生観戦は楽しかったです。しかし、陸上を知らない人からしたら、陸上で一番有名になったのは、どう考えても、山本高広だよなあ・・・。

| | コメント (0)

SEIKOスーパー陸上に行きました

 中山では、スプリンターズSでした。朝までは、中山に行くつもりでしたが、急遽、横浜に行きました。この日まで、これがあったことを忘れていたなんて、とてもいえません・・・。

 SEIKOスーパー陸上@横浜に行ってきました。

 昨年は、生で初めて陸上観戦するので、翌年の世界陸上の予習を兼ね、どういった雰囲気なのか、どの席が見やすいかとか、何度も席を移ったりして、調べながら観戦しました。結局、陸上を生で見るなら、近くのいい席で見ないと臨場感は味わえない、との結論に達し、観戦後、即、ゴールドシート(??万円・・・)を振り込んだ経緯がありましたが、今回は、あまりの大雨と寒さで、席を移動する気力はなく、屋根のある2回のスタンドで、寒さをこらえながら、じっくり観戦しました。

 場所が遠いと、熱気も比例するようで、大阪で味わえたような、一体感がほとんど感じられませんでした。そもそも、この一帯は、家族連れが圧倒的に多く、明らかに、無料の招待券だろう、という風情の方ばかりで、陸上観戦とは程遠い感じでした。

 観客席も、雨に濡れるスタンド前列は、ほとんど客がいなく、寒さゆえか、客足もかなり遠のいた感じで、かなり寂しいスタンドでした。

 このコンディションでは、選手が競技に集中できないのも、仕方ない気もします。選手にも、「早く終わらせたい」オーラがありました。記録とか、全くでないのもやむなしです。

 そもそも、棒高跳びなんて、男子にいたっては全員「記録なし」という状況からね。あのコンディションで跳ぶのは危険ですらありますから、仕方ないですが・・・。それでも、一生懸命競技して、最大限のパフォーマンスを魅せてくれた選手たちには、心から、感謝します。

 顔見世な部分は否定できないし、世界陸上のような、真剣勝負をみると、物足りない部分はありましたが、久しぶりの陸上観戦は楽しみました。ボクのまったく予想外のアストンマーチャンが勝ったことも、(ちなみに、ボクの◎はスズカフェニックス・・・笑)、横浜に行ってよかった感を大いに上げました。

 ボクにとって、この9月は、陸上で始まり、陸上で終わりました。その間にも、下関に行ったり、バックギャモンに明け暮れたり、パソコンが壊れたり・・・、いろいろありました。人生で五本の指に入るほど、「濃い」1ヶ月だった気がします。大阪は「暑すぎ」て大変だったのが、ほんの30日足らずで、横浜では「寒くて」大変になるんですから、四季の変化をしみじみと感じてしまいます。

| | コメント (1)

ただ今、大阪出張中・・・

 世界陸上大阪大会で大阪に出張中です。

 世界陸上の経過、結果は、こちらのHPでご参照ください。

 世界陸上 公式HP

  最新の記事は、1つ下になります。

  

| | コメント (3)

さようなら大阪

さようなら大阪
ただいま閉会式最中です

この大阪滞在9日は、大いに楽しませてもらいました。とはいえ、いい歳してこんな無茶できたのは、会社や家族や、いろいろな方の理解があってこそです。

みなさま、本当にありがとうございました

さようなら大阪

| | コメント (0)

会場が

会場が
暗くなって雰囲気がでてきました

今、女子マイルリレーの表彰式中。この国歌聴くの何回目だよ

次は男子だから、また聴くのか・・・

| | コメント (0)

すべての競技が

終わりました

閉会式は期待しないで最後まで見届けたいと思います

ありきたきな表現ですが、長い間夢をみていたような大阪観戦旅行でした

運営とか、ボランティアとか、細かいところで言いたいことはたくさんありますが、世界最高峰の戦いは、凄かった。

これに尽きます

明日の朝には、夢から醒め、究極の自由人から、しがない会社員に戻りたいと思います

| | コメント (0)

スケールが・・・

スケールが・・・
男子のやり投げだと、グラウンドのほとんど全てつかうのでスケールがデカイ

マジで僕のところにやりが来ても不思議ではありません

| | コメント (0)

今度は男子

今度は男子
400リレーの表彰です

ゲイが三冠達成だけあってか、カメラが異様に多いです

マラソンの表彰式はこれ以上なんでしょうが・・・

どうでもいいですがゲイ温存のために予選だけ参加した選手には、メダルはあるのでしょうか?

| | コメント (0)

リレーの表彰式

リレーの表彰式
女子400リレー

1番厳しいこの種目でアメリカが金メダルだと、リレーは4つ独占しそうです

あの国歌は正直聞き飽きてきました

| | コメント (0)

より以前の記事一覧